著書一覧

(和文)

1.       伊原伸治 : 線虫における細胞移動・浸潤の制御機構  生化学 85巻第11PP. 972-984, ISSN:0037-1017, (公社)日本生化学会出版  2013年

2.       伊原伸治 : 新しい研究を始める偶然と幸運 アステラス病態代謝研究会 財団報No.6 17ページ) 平成24年

3.       伊原伸治 : 若手研究者に聞く 観たいものを観る努力と才能 (公社)日本生化学会http://www.jbsoc.or.jp/category/column20121029日公開)

4.       伊原伸治, David R. Sherwood : 細胞浸潤において基底膜の穴の大きさは厳密に制御されている, ライフサイエンス新着論文レビューhttp://first.lifesciencedb.jp/archives/28962011614日公開)

5.       伊原伸治, David R. Sherwood : 線虫の子宮・陰門形成における組織境界は基底膜の移動と接着分子により制御される, 実験医学 PP. 2143-2147, ISBN 978-4-7581-0074-8,羊土社出版,  20118月号 

6.       菊地哲宏, 久保田幸彦, 伊原伸治, 西脇清二 : 線虫ADAMTSの細胞移動に置ける役割 (分担) 生化学 82巻第10PP. 967-962, ISSN:0037-1017, (公社)日本生化学会出版, 2010 

7.       伊原伸治, 西脇清二 : プロドメインがADAMTSプロテアーゼの組織局在に必須である, 実験医学 PP. 2891-2894, ISBN-13:978-4-7581-0029-8 羊土社出版, 200711月号 

8.       伊原伸治, 三善英知, 谷口直之 : 糖鎖によるプロテアーゼの修飾,  β1-6鎖とマトリプターゼ Protease modified by sugar chain (β1-6 branching and matriptase) , 蛋白質 核酸 酵素」「糖鎖機能PP. 980-983, ISBN-13: 978-4320056121, 共立出版 2003 (六月増刊号) 

9.       伊原伸治: 分子生物学 basic techniqueリポソームを使った遺伝子導入法 The Lung perspectives  PP. 76-79, , ISSN0919-5742, メディカルレビュー社, 2003

10.       三善英知, 伊原伸治, 谷口直之: グライコミクスの観点からとらえたガンの転移機構 Frontiers in Gastroenterology PP.264-72, ISSN1342-1484メディカルレビュー社, 2002

11.    伊原伸治, 三善英知, 谷口直之 : N-アセチルグルコサミン転移酵素Vが引き起こす癌細胞の悪性化と転移, The Lung perspectives PP.78-83, ISSN0919-5742, メディカルレビュー社, 2002

トップへ戻る